カードローンの金利と審査

意外と分かっていなかった!カードローンってどんなもの?

お金が足りない、さあカードローンを利用しよう、と思ったものの「どうやって申し込むのがいいの?」「金利と書いてあるけれど、どれぐらい払わないといけないの?」「カードを使わずに借りられる方法があるの?」などといったように、どんどん疑問がわいてきたということありませんか?

 

初めて申し込みをするのなら、なおさら気になることがたくさん出てきてしまうかもしれませんね。カードローンと色々なシーンで聞く機会も増えていますが、実際のところはどういったローンなのでしょうか?他のローンとの違いは、大きいのでしょうか?

 

カードローンは、銀行や消費者金融、信販会社などが発行する、カードを使ってキャッシングする方法です。ただし、最近ではカードを元々発行せずに、カードなしでキャッシングできるローンも登場しています。また、カードを発行するローンでも、カードを使わずにお金を借りることも可能なローンも見つかります。つまり、カードローンという名称ではあっても、利用方法が広がっていると理解しておくとよいでしょう。

 

そして、他のローンとの大きな違いは、限度額と呼ばれる利用できる金額のリミットをまず決め、その金額の範囲内であれば、ほぼ制限などなく借り入れが可能になるという点です。他のローンのように50万円借りて、後は返済のみ続けていくといった利用方法ではありません。

 

もしも50万円が限度額なら、10万円借りてもよいですし(借り入れできる最少額は、カードローンによって違っていることもあります。)もちろん50万円借りてもよいのです。自分が必要な額を準備できます。また、返済は借入残高に応じて毎月決まった額を返していきます。多く借りて一度に返済するとなると、なかなか難しいものですが、自分のペースで返済していくことができるのが大きな特長となっています。これもカードローンによって、毎月の最少返済額が違っていることもあります。余裕のある返済ができるカードローンを選ぶのもよい方法でしょう。

 

カードローンは、各金融機関によって金利、限度額、利用方法などにそれぞれ違いがあります。金融機関による大きな違いといえば、銀行が規制を受ける法律と消費者金融と信販会社が規制を受ける法律です。消費者金融や信販会社が規制を受ける法律は、貸金業法といいます。貸金業法では、借りられる額が年収の3分の1までと決まっています。貸金業者からの借り入れを総合計して、年収の3分の1までに収める必要があります。銀行カードローンでは、この貸金業法の制限は受けませんが、年収に比較して返済できないほど大きな限度額の設定は難しいでしょう。

 

カードローンを実際に利用しようとしてみると、意外と分かっていなかったことがどんどん出てくるかもしれません。金利のこと、限度額のことなどカードローンは知識があればあるほど、お得で便利なものが選べる可能性が高まります。少しの違いが利用しているうちに大きな違いとなるのも、カードローンの特長かもしれません。使いやすいものを選ぶためにも、申し込み前に必ず疑問を解決しておきましょう。